Geekではないけど起業に成功・Snapette創業者Sarah Paijiによる「ファッションアプリの起業成功法」(20 Apr)@Open Network Lab

Snapette Sarah

2012年4月20日にOpen Network Lab(恵比寿)にて行われた、Geekではないけど起業に成功・Snapette創業者Sarah Paijiによる「ファッションアプリの起業成功法」のイベントレポートです。

Sarahは今回、初めて東京に来たそうで、来日中は沢山のMtgと代官山などでShopping(調査に近いと思いますが)をしたそうです。

Snapetteについて

Snapetteはオフラインの施策を重視

  • オンラインのECサイト、例えば、javariとかで”ピンクシューズ”を簡単に探せる
  • 今回、代官山に行ったけど、お店→お店にいかないと買えない
  • オフラインではお店がどこにあるのか?
  • 米国では、35%がお店で写真を撮って、25%がその写真を友達とシェアしている

Snapette Appについて

snapette-screen

  • 商品写真をApp で投稿して共有する
  • Hot でlikeのついた人気のものを表示
  • Here で近くのものを表示
  • 60%以上がユーザーの投稿
  • お店からの情報も掲載されている お店情報 住所 営業時間 TEL
    米国では60店舗の登録
    日本でもこれから増やして行く
  • お店がどこ?というのを知れる
  • プッシュ通知で流すこともできる
    例えば、代官山にいたときに3ブロック先のお店はわからない
    お店から代官山にいる人にDiscount Sale情報を流して、ユーザーはプッシュ通知で知る事ができる

もう一つ大事な特徴として

  • ソーシャルアプリなので、その人がどんなものを好んでいるかが分かる
    Twitterのファッション版と思ってもらえれば
  • デザイナーや有名なBloggerなども参加している
    ブランドパートナーでRebecca Minkoffやナインウエストなどブランドと一緒にプロモーションする
  • ブランドのファンが付くのを手助けしている
  • 最初はナインウエストの気に入ったものを投稿して!というキャンペーン
    顧客にメールでお知らせ
    抽選でクツが当たる
    TwitterやFacebookで友達とシェア
  • 例えば、野外広告を買っても、広告を見たユーザーが実際にその商品を買っているのかなど、どうしているのかわからない
  • ユーザーがどういった行動をしているのか知れるキャンペーンが出来る

Q&A

Q:写真を投稿させるのに問題は?
A:米国では写真を取るのに抵抗がない Shop側も撮らせている

日本では難しいかも Shopやブランドと組んでやる ユーザーのエンゲージメントを高める

Q:値段は登録できるんですか?
A:できます、オプションですが お店も登録できます ユーザーが投稿する場合には、ユーザーに依存する

Q:ユーザー獲得、フィーチャーユーザー、ショップ獲得について難しい点は?
A:すべてすごく難しい Shopとオーナー インフルエンサー ユーザー 同じ比重で登録してもらう取り組みをしている

Q:なぜ、NYでStartupしたのですか?
A:元はSilicon Valleyで起業したんですが Silicon ValleyやLosに比べてNYはファッションの街
Palo Altoでは女性がそんなに服を気にしない お店もない NYに行ったほうがいいと思った
マーケティングやPRの人もいるし NYがベストプレイス

Q:NY なぜLondonやParis、東京の世界各国の情報は表示しないの?
A:今はNY、近くの人にフォーカスしている 今後はそうしていきたい

Q:ファッション好きをターゲットにしているが、 なぜこのようなアプリのデザインに?
A:デザイナーはいない ワイヤーフレームもなかった
時間がなかった Co-founderもデザインの知識がないなかで2ヶ月で作り上げることに専念した
男性の意見は一切排除した ターゲットではないから

■なぜStartupしたか?

Co-FounderのSarah について

Los生まれ 韓国人とアメリカ人のハーフ ハーバードで経済専攻 ゴールドマンサックスに入社 トラディショナルな金融の道を歩んできた

周りは私のキャリアを喜んでくれたけど、忙しすぎた

何か情熱を注げるものは何かを模索した

昨年、ハーバードビジネススクールにも行った

自分がなにをやりたいのか考えた

コンサルティングの道などもあったが、ファッションの方にいきたいと思った

きっかけ

ギルトグループの人がきてくれた 公園で話を聞いた

彼らは、ハーバード出身の人で、同じようなバックグラウンドを持っている人だった

これはファッションで行ける!と確信した

2週間何ができるか考えた

当時はアイディアは何もなかった

ハーバードの同窓会で会ったCo-founderは20歳年上で3人も子供いる

いい話を聞いて 来週コーヒーMtgをという事になった

ファッションAppのアイディア

ジーニからファッションの写真を共有するアイディアを聞いた時に、写真を撮る人がどれだけいるの?と懐疑的だった

私は、写真をどこでも撮ったりしないし、iPhoneを買ったばかりでアプリも0だった(!)

コンサル出身だから、100%でないと納得できない

モバイルに関する情報を漁りまくった

返事するまでに1週間以上かかった

その過程で学んだことがある

頭の中を形にしないといけない
やってみてわかることがある

完璧なアイディアはなかったけど やってみることにした

当初のアイディアは写真をシェアするだけだった

Instgramと一緒でビジネスモデルがない

そこで、お店をいれることにした

2011年1月当時、Co-founderとは、LondonとBoston (Sarah)と離れていた

全ての情報をいれた40Pのプレゼン資料を作り、VCをはじめいろんな人に聞いてFeedBackをもらった

アイディアだけのPaper、デモなしだったが、去年の3月にある大きなVCファームが興味をもってくれた

投資を受けることになった

メンバーをBostonに集めて、Due diligenceの説明などした

この経験がよかった 実際にはこのVCから投資を受けなかったが

500Startups のDave MacClure との出会い

ある日、Sarah のTweet を 500Startups のDave MacClure がRTしてくれた なんでかはわからないけど

そのTweetにはSnapetteのLPのURLがあってEmailアドレスを登録を促進していた

一気にユーザー登録数が跳ね上がった

Y com、TechStarsなどのVCが殺到した

友達に話したら、Dave に電話しろといわれ

TwitterでDaveとコンタクトして電話番号をもらった

電話をかけてピッチした

彼がたぶんとてもいいと思う

Dave の知り合いの女性のアプリつくっている人がいいと言ったら、出資したいと言われた

CAにきてくれと

彼女と話したら、「これいいね!」と

Daveに「今すぐ来い!」と言われた

500Startups のAccelerator program が既に3週間前に始まっていたから

「既にロスしている」と

すぐにSVに飛んだ

500Startupsにて

500Startupに行ったけど、「こんな子がやるものをいいと思うのか?」と周りは懐疑的だった

今日みたくハイヒールをはいて(お洒落していた)「あの子は誰?」とw

だけど、私は女性だから、VCにすぐに覚えてもらえる

女性でStartupは珍しいから、女性であることを活かしてやろうと思ったの

技術的なことはわからないけど、それがStartupで重要なこととは思わない

C++やphpなんて全くわからないけど

大事なのは 私は女性のこと どうやって買い物しているか は知っているもの!

重要なのは自信を持つ事

日本語もできないけど日本にきて パートナーと色々Mtgした

自分の得意なことで

500Startup のプログラムは 1〜100まで全てよかった

もし、Bostonでオフィススペースを借りてても、8月にスタートできなかったと思う

500StartupのDemo DayでもっとProductをよくしろと言われた

いままでのProductは捨てた

その後、実際に投資をしてもらう際、契約のこととか全くわからないかった

アクセルパートナーからDGからも出資を受けることになった

最後のレッスン

とにかく人と話すこと

どんな事を考えているかを人と共有する

誰にもいわない 盗まれるからとか意味ない

■Snapette information

昨年8月に米国でリリース

日本語のSnapette を先週リリース
日本ではDGがSnapette Inc. と提携して、日本の戦略パートナーとなるそう。日本語版のApp 開発支援や日本の販売店の登録サポートやキャンペーンなど行うそう。

写真の左がDGの日本のCountry Manager のAsia、右がSarah。

日本語のTwitterアカウント(@SnapetteJP)も出来てました。

■他のまとめエントリー

広告

Mayu Iwashita について

I have run the site "Kiritz.jp" to introduce Art of Japan. Born and raised in Tokyo, Japan. I love japanese traditional culture. I passionately love Japanese art (Especially, Ukiyo-e and Japanese printings) and architecture of Japan (temple, castle and old folk house)!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。