Startup Weekend Tokyo at Mixi (19-21 Aug)

前回も参加したStartup Weekend Tokyoにまたもや参加してきたよ!
前回参加した時のエントリーで全体のイベントの流れは紹介できたと思うので、今回は色々な自分の気づきを中心に書きたいと思います。

Startup Weekend Tokyoをご存じない方はStartup Weekend Tokyo基本事項
を参照ください。

Day1

OrganizerのLeeさんにきいたところ、今回は申し込み者が100名超えているって!
うおー、半分ぐらいがPitchするとして…今日何時に終わるんだっ!?

スケジュールを説明するJonny

Half Baked

みんなでWordsを出し合って、その後2つWordsを選び、それで5分サービスを考えるというもの。
→前回参加したときは、なんてゆるいwと思いましたが、今回またやってみて面白いアイディア(あんまり実現性とか関係なく、ただただ面白そうなアイディアを出す)をチームで考えるいいProgram(遊び)なんではないかと思いました。

Pitch Time & Vote

今回は10人がPitchして、その後質問タイムという流れを5周ぐらい。
自分のは「LOVE JAPAN」自分の興味のカテゴリで世界中の日本好きコミュニティをつくるというものでした。
現在、考え中のネタで具体的な解決策が全く決まっていなのですが、Pitchをして損する事は1mmもないし、参加者に私を覚えてもらえる機会、もしかしたら日本好きのDeveloperと出会えるかもwという理由でPitchだけはしました。

賛否両論あるかもですが、具体的解決策がなくても、アイディアネタレベルでPitchしてもいいのがStartup Weekendのいいところだと思います。
もちろん、具体的解決策がないとそのアイディアが選ばれた場合に大変な事もなりますが。。自己責任で。

Vote & Team Building

想定どおり、具体性のない私のアイディアは早々に上位ではない事がわかったので、どのチームに入るか考えました。

Cooking DJ by Megumi-chan

料理のタイマーアプリ。例えば3分だったら、好きな曲を3分に短縮して曲調を変えたりしてくれる!すごく楽しいアイディア!
→楽しいアイディアで恵ちゃんも可愛いのでとてもいいなと思いました。アイディアが優れている分、出来上がりがイメージできて、私が参加する余地がない(自分のアイディアを活かせるほうがいいので)と思ったので参加は断念。

顔と名前を一致させよー! by Rui-san

イベントなどで名刺交換しても覚えられなくて、次に会った時に「誰だっけ?」っていう事を解決してくれる顔認識ARアプリ。
課題、凄くよくわかりますw
前回、一緒のチームだったRui-sanの面白いアイディア!
私もARはすごくやりたかった!と思って、技術的な事を質問したら、実現もできるそう。
→ここにしようかと思ったけど、「あの子にチェックイン!」をPitchした高橋憲一さんのチームと合体して大所帯。。
Max(前回一緒のPointUppチーム)やTakutoさん(前回はCoodyチーム)といった友達もいるので、せっかくだから知らない人が多いチームがいいかなとも思ったので最後まで迷ったけど断念した。

match students(新卒採用なくそう!) by Paul

Paul「新卒採用なくそう!という目的はあるものの、具体案はまだない。どんな機能のサイトなのか、SWTで決めようと思っている」
という事で、私が以前に思いついただけの「Startupにインターンを紹介する」(以前よりO社のKO生のインターンのKくんにやったらどう?って言っているんですが)のはどうか?とPaulに言ったところ「いいね!」という事で、自分のアイディアが活かせそうという事でこのチームに入る事にしました。

反省点

  • この1分Pitchの時点でいいアイディアというのは、具体的なサービスが見えるもので、そのアイディアが参加者が共感できて面白い!と思えるものです。それを持ち込まないと自分のアイディアに投票が集まらない。
  • この時点でアイディアが優れていて、また具体的であればあるほど、チームでの擦り合わせもできすぐに作れるので最終日に精度の高いMockが作れる

Day2

就活やめよう!PJです。

  • リーダーはPaul(前回はColishチームでDeveloperやってた)
  • Yuma 早稲田大学3年AR専攻 いままでインターン8社のツワモノ?
  • Kaoru 大学2年 商学部
  • Oishi デザイナー、アプリとか作ってる
  • Yuki C++メインでDeveloper
  • Ohara 9人のベンチャーで働く 最近、グループコミュニケーションのサービスをリリースしたばかり

の7人です。

「新卒採用やめよう!」→「Startup × Intern」は具体的な解決策がまだないアイディアなので、みんなでディスカッションを始めました。

Day2のTeam Discussionの様子

ここ、書くと長くなるのではしょりますが、2日目は全員の課題の擦り合わせができず、話がぶれまくり、アイディアは沢山でたものの、全員が納得する解決策一致しなかったのです。
他のチームがMockづくりを進めていくなか、進捗しない私たちのチームは、OrganizerのJonnyやLeeさんに心配され、メンターの方にアドバイスをいただきました。
前回のStartup Weekend TokyoでPJをスタートさせている「Colish(コリッシュ)」の小原さんにも課題の整理から解決策までの話を聞いてもらって、全体を整理してもらったりもしました。(ほんと、小原さんナイスガイだわ〜)
23時のDay2解散の時間を過ぎても、話がまとまらないので、渋谷駅のマックで話したものの、この時点でのアイディアをPaulがNO!という事で時間切れ…。
前回とまったく同じ展開で死にそうです。

反省点

  • まずは課題の整理とどの課題にフォーカスするかをしっかり摺り合わせる。チームメンバーの経験やスキルもバラバラなので、ここで論点が一致しないと解決策の具体的な話(それって後で考えればよくない?という機能はどっちがいいかの話など)とかに話が飛んだりしてディスカッションにすらならない。
  • 話がまとまらないときは多数決(他チームに聞いて、意見の割れているアイディア同士で投票してもらうでもいいと思う)など、チームメンバー全員が納得する方法で決めていく事が必要。
  • その課題に対しての解決策は一つだけではない。すべては一度に解決できない。
    出来るだけ1つの課題にフォーカスし(あれもこれもならずに絞る)、それを解決する他サービスがやっていない飛躍したアイディアを出す。

Day3

最終日!
紆余曲折あったものの、どうにかまとめ。
具体的な内容はもうどうしようもないので、最後の2〜3時間はみんなで分業し、プレゼンについてはPaulとどうしたら魅力的に伝えられるかというブラッシュアップのみ。。
Final Pitchの順番は一番最初がいいとPaulが希望したので、私たちのチーム「Startup Intern」は一番目に。

最終日の模様はPenn Olsonのレポートを見てね!
12 Pitches from Start-up Weekend Tokyo at Mixi

優勝は、「CookingDJ」でした!とってもFInal Pitchを聞いてて楽しいサービスで会場納得の優勝だったんではないでしょうか。

Most Innovation Prizeは、顔と名前を一致させる「Rememb[ar].me」でした。Ruiさん、Takutoさん、Maxおめでとう!

途中で2日目や3日目にMockを見せてもらったときも、かなり出来上がっていて感動しましたが、きっと今後サービスがリリースされると思うので、それも楽しみ!

ちなみに、私たちのチームは審査員の方からこんな質問をもらいました

  • どうやって優秀な人材と判断するのか(サービスの保証)
  • 競合が多い
  • Startupにインターンを入れるニーズはある
  • ビジネスモデル 既にある成果報酬型の同じサービスとどう対峙するのか

会場からの質問は、前回の優勝チーム「Qlive」を使ってあつめられました。
西村さんに許可をいただき、画像のみで掲載です。

Startup InternチームにQliveに寄せられた質問

反省点

  • 最初の「新卒一括採用やめよう!」から「Startup Intern」になった説明はいらない。どの課題の解決策かシンプルにまとめる
  • 競合調査は軽くしていたものの、もっとしっかり
  • 学生側と企業側(Startup)の現在抱えている問題を洗い出す

最終日は参加者みんなで懇親会と記念撮影
FacebookページにStartup Weekend Tokyoのアルバムがあるよ!

みんなで記念撮影

Startup Internチームのみんなありがとー!!

Startup Intern Team Members

Startup Intern Team Members

前回の参加者はもちろん、今回の参加者の方々との沢山のいい出会いがありました。

本当に、JonnyとLeeさんありがとう!

Startup Weekend Tokyoは素晴らしいコミュニティになっています!まだの方は次回参加しよう!

広告

Mayu Iwashita について

I have run the site "Kiritz.jp" to introduce Art of Japan. Born and raised in Tokyo, Japan. I love japanese traditional culture. I passionately love Japanese art (Especially, Ukiyo-e and Japanese printings) and architecture of Japan (temple, castle and old folk house)!

コメント1件

  1. 非常にわかりやすくまとめてくれていますね。 初めて参加する人はこれを読むと全体の流れがわかると思います。 本当に楽しいイベントでした。 またぜひ参加したいです。

  2. 「2日目の話しがまとまらない」というのが前回参加した自チームとまったく同じ(笑)でもそれが面白かったり。お疲れ様でした!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。